肝斑とは、左右対称にできることが多いぼんやりしたしみのことで、口周りや額などに発生しやすいです。 若い頃はできませんが、30代〜40代になると次第にでき始めるので、注意しないといけません。 そして、この肝斑はホルモンバランスや生活習慣と大きく関係しているため、自分の力によって防ぐことができます。 肝斑の予防方法は、以下の通りです。 ・紫外線対策 ・スキンケアに注意する ・ストレスを溜めない ・生活習慣を改善する 紫外線は肝斑を発生させる原因のひとつなので、日頃から何かしらの対策を取ってください。 日焼け止めクリームや日傘、サングラス、帽子といったものを使用するだけでも、大幅に紫外線をカットできます。 誤ったスキンケアは肝斑を発生させてしまうので、肌を刺激するような洗顔やマッサージは避けてください。 それに、使用する化粧品などにも注意しましょう。 ストレスを溜めると肝斑ができやすいため、なるべく溜めないような工夫をしてください。 また、生活習慣が良くないとホルモンバランスが乱れてしまって、肝斑ができてしまいます。